NEWS

バングラデシュの移動体通信事業者Grameenphoneがフィリピンに参入

2019.02.05

NEWS

1月31日

バングラデシュ通信

ノルウェーのTelenorの子会社でバングラデシュの移動体通信事業者(MNO)であるGrameenphoneはフィリピンで第3の移動体通信事業者として新規参入を検討していることがフィリピンメディアの報道で分かった。

Grameenphoneの幹部はフィリピンで第3の移動体通信事業者として新規参入することに関心を示したという。

加入件数ベースでGrameenphoneはバングラデシュで最大の移動体通信事業者である。

TelenorとバングラデシュのGrameen Telecomの合弁会社で、出資比率はTelenorが55.8%、Grameen Telecomが34.2%となっている。

これまで、フィリピンにおける第3の移動体通信事業者に関してはTelenorも関心を示したと伝えられており、TelenorはGrameenphoneを通じて新規参入する案を検討している可能性がある。

フィリピンでは外資規制によって新規参入する移動体通信事業者に対するフィリピン国外の企業による出資比率は最大で40%に制限されており、フィリピン国外の企業はフィリピン企業と合弁で移動体通信事業を展開することになる。

参照:Manila Standard

 

バングラデシュの産業自体が育ってきており、ちらほら海外に進出するレベルの企業も出てくるようになりました。今後の経済成長の加速に期待が持てますね。

期間限定セミナー

  • ◎6/28(金) 19:30-22:30 残少
  • ◎7/3(水) 13:00-16:00
  • ◎7/3(水) 19:30-22:30
  • ◎7/7(日) 13:00-16:00 残少
  • ◎7/7(日) 17:00-20:00 残少
  • ◎7/12(金) 19:30-22:30
                     

場所:
東京・田町町駅、三田駅近くのセミナールーム